くせ毛の悩みブログ

2020.12.12

年齢を重ねると髪の毛も年季が入っているようです

年齢を重ねてくると、様々な髪の毛に関する悩みは大体経験してしまい、髪に関する悩みが一つではなく複合的になってくるのはとても複雑です。

一つならいろいろと対策の使用があり、様々な方法の良いところを少しずつでも積み重ねることで悩み解決ができるかもしれません。

しかし、複合的な髪の悩みになると、どう考えたらいいのかと気にわからなくなってきます。例えば、ボリューム感が欲しいという悩みだけでなく、白髪が増えたような気がするという悩み、髪の毛がうねったり、傷んでいるという悩みなど、頭皮もだんだんと年を重ねてくるため、元気な髪の毛がなかなか育ちにくくなっているような気がしています。


20代のころは美容院でも褒められるようなストレートだったのが、30代後半くらいから髪の毛がくせっぽくなってきて、40代になると完全にまっすぐ生えない部分がはっきりと出てきてスタイリングは手間がかかるようになりました。

一本の髪の毛を観察してみると、髪の毛が太いところと細いところがあり、親指と人差し指でつまんでスッと表面をなでるようにしてみると、髪の毛がぼこぼことなっている感じがあり、均一なキューティクルができなくなっているのかもしれないと焦った気持ちになるのです。

栄養が髪の毛にきれいにいきわたっていないのかもと心配です。そこで最近は、すべての悩みにアプローチしてくれるノ・アルフレを使っています。

2020.12.02

細い髪と生きると決めた太い信念

25歳OLです。髪に永遠に悩まされる人生を歩んでいる。

くせ毛とうす毛だ。



とてつもない癖毛。それは、「天然パーマ」というような可愛い名前で呼べるようなものではない。むしろ、「天然パーマ」なら喜んでその運命を受け入れているだろう。うねりと広がりとちぢれが混じっている珍しいタイプの頭髪をしているようで、美容師さんに「美容師人生で1、2位を争うレベル」と3回以上言われた。

縮毛矯正は中学2年生の頃からかけ続けている。初めてかけて学校に行ったとき、廊下を歩いたら他のクラスの女子生徒たちが窓から覗いてきた。学校一のアイドルの気持ちを一瞬だけ感じた。



そして、縮毛矯正をかけ続けていることによるうす毛。長年の頭皮へのストレスからか、髪は細くなり抜けやすくなった。前髪は多分1センチ後退した。髪を乾かし終えた時の落ちている髪の毛の本数を数えるようになってしまった。



でも私は後悔していない。くせ毛のまま生きる方が嫌なのだ。

くせ毛のまま毛が多い人生を送るより、数年後ハゲてしまったとしてもストレートで生きる方がいい。



くせ毛もうす毛も、今後ずっと付き纏うことだろう。くせ毛もうす毛も治ることはないからだ。それでも私の美意識への信念は曲げない。

2020.11.02

ガタガタの髪の毛を探してしまう

私の悩みは、ガタガタの髪の毛を探してしまうことです。

幼少のころよりガタガタの髪の毛があり、ついつい人差し指のはらと親指の爪を使ってガタガタの髪の毛を探しては抜き、探しては抜きをしてしまいます。ガタガタの髪の毛があることに気が付いたのは小学生の1-2年生のころだと思います。

今では昔ほどガタガタの髪の毛がなくなりましたがガタガタの髪の毛を探してしまうのは癖になってしまい治りません。ガタガタの髪の毛がなくなってほしい、まっすぐになってほしいと願っています。

大人になってからは家以外の場所ではしませんが、小学生の頃などは教室で授業中にもやっていた記憶があります。あたりは髪の毛だらけだったであろうと思いますね(汗)家でも気づけばあたりは髪の毛だらけの時がよくあります。

髪の毛を抜くのは周辺の毛にもダメージを与えているので薄毛の原因にもなるのでやめたいのですが、ガタガタの髪の毛がある以上はやめられない気がします、、、。かなり無意識でやっているときがあり、大人になってから振り返ると恐らくストレスが溜まっているときなどによくやっているように思います。

抜毛症ほどではないですが、このままではダメだと思っているけど、かっぱえびせんと同じ現象「やめられない、とまらない」状態で困ります。

2020.10.02

くせ毛の悩みについて

小さいころからくせ毛で悩んできました。くるくるな上に縮毛なので、伸ばすと重力に逆らって生えていくため、小さい頃はずっと短髪でした。大人になり、縮毛矯正をかけたところ、一気にまっすぐになりとても嬉しかったのを覚えています。髪型が変わると自分の意識も、周りの人の目も変わることを実感しました。周りの友達からは可愛くなったと言われ、自分でもおしゃれをしたい気持ちが強くなり化粧品や洋服への興味が強くなりました。おしゃれするのは楽しく気持ちも明るくなりました。

ただ、縮毛矯正をかけるとやめられなくなってしまいます。私の場合くせが強いので3~4か月たつとかなり髪の毛のボリュームが出てしまい、少なくても半年に1回は縮毛矯正をかける生活が続いています。

それを繰り返すうちに髪の毛が傷んでいってしまいぱさぱさと絡みやすくなってしまうので、毎日自宅でのケアが欠かせません。シャンプーやトリートメントの種類を変えたり、洗い流さないトリートメントを使ったり、試行錯誤を繰り返す毎日です。

今後技術が発展したら、くせ毛の人が縮毛矯正をかけないでも良いような施術があったら良いなと思います。しばらくは、くせ毛と髪の傷みと向き合いながら、似あう髪形やケアの仕方を見つけたいと考えています。

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

店舗案内

  • Sample Beauty salon
    〒000-0000
    東京都中央区・・・TEL:00-0000-0000
    FAX:00-0000-0000
    MAIL:sample@sample
  • 営業時間
    10:00-21:00(受付 20:00)
  • 定休日
    第2・3月曜日

お気軽にご予約・お問い合わせください。

 ブログ

この上でダブルクリックをして画像やリンクを挿入しましょう。

Copyright (C) kusegenayami.cloud-line.com All Rights Reserved.